お金を借りるには審査が必要

カードローン審査には、所得や勤務先、職種、勤続年数、資産のあるなし等といった多くの審査基準がありますが、他の条件に不足がなくても、他社からの利用額が高額であったり、返済を延滞している方、また複数他社に申し込んだ形跡があると、利用を断られる可能性が大きいと言えます。

カードローンの審査には、その前に、他社利用状況や残高を確認される場合があります。

カードローン各社では、顧客の信用情報を管理する個人信用情報機関を利用し、他社利用状況等を確認するシステムを持っています。

これは、基本的にはお客さんから受けた申告内容を元に信用情報を確認するのです。

そこで、申告の時点で他社利用額が申し込みをした会社の規定額以上であれば、信用情報を確認する前に断わることができます。

信用情報の確認の為、個人信用情報機関を利用した調査を行うと履歴が残り、それもカードローン審査の評価対象となるので、不必要なカウントを増やし、御自分の信用力評価を落とさない為に、正直に申告をなす必要があります。

 

事故情報はカードローンの審査に致命的

 

事故情報は、カードローン審査の際には必ず信用調査で参照されますので、事故情報が登録されていることは、相当なリスクであり、承認を受けるのは難しいと言えます。

この事故情報の保存期間は5年間で、この期間中の住宅ローン等の契約は不可能と言っても良いでしょう。

また、事故情報には該当しない軽度の支払い遅滞、例えば、一度の支払い遅延で、しかもその金額も大きな金額でないような場合でも、「支払いの意志」を問われ、信用を得られない場合も有ります。

個人の信用情報は各金融機関により考え方に評価基準が異なり、個人の信用情報のどの点を重視するかで評価が違います。

特に、カードローン審査に近接時期の遅滞は要注意です。